工場や法人の省エネ取り組みで実現する理想のEARTH

工場

進化するシステム

産業用太陽光発電の仕組みについて

作業員

平成24年から電力の固定価格買取制度がスタートして、企業においても個人においても太陽光発電の導入が増えてきています。ただし、発電した電力を売るためには、10kW以上の太陽光発電システムを導入する必要があります。 産業用太陽光発電システムは、系統連系型と独立型の二種類があります。独立型とは、発電した電力を蓄電池に蓄えることができ、必要な時に電力を使用することができるのです。そのため、昼間だけではなく蓄電池に貯めた電力を使用することで夜間も使うことができます。 系統方を採用すれば、電力を発電所に売ることができます。固定買取制度なので太陽光発電のバブルとさえ言われているのです。 大企業では産業用太陽光発電をするために、空いている敷地や建物の屋上などに太陽光発電を設置するところが増えてきています。

企業が導入する目的によって得られるメリットとは何か

企業が産業用太陽光発電を導入するところが増えてきています。 太陽光発電の製品は年々進化してきており、雲や立地条件により日陰の時間が長くなっても発電能力が落ちないという製品も出てきている状況です。また、晴天時に比べると発電能力は落ちますが、雨や雪の日でも発電は出来るようになってきています。 産業用太陽光発電のメリットは、CO2を排出しない環境性にあります。エコにとても優れているのです。 また、万が一地震などで電力がストップしても蓄電池に電力を蓄えていれば使うことが出来るでしょう。 産業用太陽光発電を導入している企業の中には、発電の目的が災害が起こった時のために行っているところもあります。企業が、売電するだけではなく地球と環境のことを考えて発電の力を入れていると言ってもいいでしょう。