工場や法人の省エネ取り組みで実現する理想のEARTH

工場

毎年変わる決まり

産業用が導入されてから

太陽光

現在ニュースでもよく取り上げられています産業用太陽光発電についてですが、毎年のように流れや法律等がめまぐるしく変わってきました。 住宅用はオール電化というものが出てきて家で電気をつくり電気代を安くと言う目的でありました。 産業用は、過去には同じように会社の屋根等に太陽光発電を設置し電気をつくり、会社の電気をまかなう、そして余った電気を電力会社に売ると言う余剰売電システムというのがありました。 現在は、全量買取というシステムが構築されたことにより太陽光発電システムを1つのビジネスとして取り上げられるようになりました。 これにより、取り付け依頼が爆発的に増えることとなりました。 さらに価格競争により産業用モジュール等に価格が大幅にお安くなりました。

これからの太陽光発電システム

近年の原発問題により売電価格が大幅に高値になりました。 最初に国から大きな補助金がでていた時に比べて約2倍ほどになったことにより太陽光発電バブルと呼ばれるほどの人気になりました。 今は売電価格も落ち着いてきました。 毎年売電価格は変わっていくのですが、予測としましては良くて横ばい、おそらく下がっていくであろうと思われます。 しかし、太陽光に大きな力があり違った形になることは間違いないと思われます。 まず、今までは産業用でも住宅用でも太陽光は蓄電できないというデメリットがありました。 しかしその作った電気を蓄電できる機械が作られてきました。 これによって今までは売電目的のみだったのがもう一度会社の電気をまかなうという流れに意向していくと予想できます。