工場や法人の省エネ取り組みで実現する理想のEARTH

工場

増加しつつある依頼

今までの流れから産業用太陽光発電の予測してみました

作業員

今までも土地付き太陽光発電と言うものは全量買取システムによって新事業として大きな注目を浴び、爆発的な施工依頼が増えてきました。 これにより早く大きな量の土地付き太陽光発電を取り付けようという流れになりました。 産業用は20年の買取り保障がありますので高額な買取価格のうちに施工することのみに注目されてきましたが、現在は買取価格も落ち着いてきまして今現在(2015年)は29円/kWhとなっております。 そして土地付き太陽光発電が増え全国の発電効率のデータが取れてきました。 そこでわかったのがモジュールが汚れることによって発電効率が下がっていくことがわかりました。 これからは、施工することはもちろんその後のメンテナンスをしっかりと補うことが重要となってくるでしょう。

取り付けを検討される方が注意する点

まず土地付き太陽光発電を取り付けようと考えたとき、今は施工業者が本当に増えてきました。 年月もたってきましたので今は会社の実績を見ることができるようになりました。 ですので今からと考えてられる方は実績のある会社を選ぶことをおススメします。 施工するにあたってとても高額なお金が動きますので低価格よりももっとみるところがあります。 上記にも記したようにアフターサービスが充実しているかも重要であります。 毎年のメンテナンスや検査、他にも清掃のプラン等が明確にあるかも見る点にあると言えます。 産業用は売電期間が20年の保障がありますので必ず20年間発電し続けることが大きな目的にありますのでそれが本当に出来るのか、そこまでのアフターサービスが充実しているかを見るようにしましょう。